交通事故治療

交通事故によって不調が出た方は

なるべく早期からしっかり治療を受けて頂きたい

なぜなら

交通事故による、頭痛・むち打ち・首痛・肩痛・腰痛・手足の痺れ等の不調は、大きな金属である車の重みによる衝撃のため、日常のケガや不良姿勢によるものとは違います。

例えば、階段でつまづいた軽い足首の捻挫でも、なるべく早く適切な治療をしてないと又何度も繰り返して悪化しますが、交通事故によるものはより重くなりやすいからです。

交通事故による不調や慰謝料の補償をされる期間が、受傷した時から一定期間に限られていて、時間が経過しすぎると補償されなくなるからです。

車同士の事故では基本的に、過失の割合に差があっても事故相手の任意保健ではなく先ず自賠責保険で補償されます。自賠責保険適応で負担金0円(自賠責保険は任意保険と違い、全ての自動車に加入が義務付けられていて、交通事故相手に対するケガの治療費や慰謝料を補償するものです。)

 

《痛みを感じるかだけが実際の状態の目安ではありません》

以前より・・・

「疲れやすい」「力が入らない」

「関節の動きが小さくなった、又は大きくなりすぎた」

「筋肉が硬い」「筋肉をもんでも感覚がない、又は感覚がおかしい」

「内臓の調子が悪い」「寝つきが悪い」

《交通事故にあわれた方からよくお聞きする事》

▲事故にあった直後はショックのせいか感じてなかった不調が後から出てきた。

▲病院を受診しレントゲン等の検査で『骨には異常なし』と言われ、湿布や鎮痛剤をもらい何度も病院に通っているが、なかなか体の痛みや不調が良くならない。

▲調子が良くならないので他の病院や治療を受けに行きたいが、保険会社の人が認めてくれない。

 

高松市のともみ整骨院では、上記のような患者様のお悩みに対し

全てのお悩みを早期に解消して、QOL(生活の質)の向上を実現できるためのあらゆる対処をしています。

 

ご紹介できる弁護士事務所や病院も複数ありますので、

お体の事はもちろん何事も、先ずはぜひご相談ください。