妊娠中・出産後の腰痛を防ぐ3つの方法|高松市で骨盤矯正をお考えなら女性支持率NO1のともみ整骨院へ

妊娠中・出産後の腰痛を防ぐ3つの方法

妊娠中の食事は気をつけているっていう人は多いですよね。

でも、運動不足や姿勢が悪いために出産後の腰痛がひどくなり、来院される方が増えています。

妊活をされている方、あるいは、これから出産を迎える妊婦の方は、『妊娠中~出産後の腰痛』にご注意ください。

youtsu_woman

ともみ整骨院の『産後骨盤矯正』は、出産後に腰痛がひどくなった方に最適な治療ですが、正しい方法で『妊娠~出産』を迎えると、出産後ひどい腰痛で悩むことはありません。

お気軽にご相談くださいね。

 

さて、じつは、出産後に腰痛になる人には3つの特徴があります。もちろん、腰痛にならないための3つの対策もあります。

それは・・・

 

 【出産後、腰痛になる3つの重要なポイント】

▼ポイント1

ホルモンの働きによって、『関節』がゆるむ

 ▼ポイント2

ホルモンの働きによって、『筋肉』が疲労する

 ▼ポイント3

ホルモンの働きによって、『代謝』が落ちる

 

つまり、ホルモンの働きによって腰痛を引き起こしているのです。

 

出産後に、『腰痛にならない女性』と『ひどい腰痛で悩む女性』を診てきて分かってきたことですが、大きく分けて3つのポイントがあることに気づきました。

 それは・・・

 

 【出産後、腰痛にならないための3つのポイント】

▼ポイント①~妊娠中の過ごし方~

妊娠中は食事(栄養)内容や適度な運動が大切です。 筋力をつけると支えが強くなり疲労しにくくなるのです。

 たとえば、毎回トイレに行ったあと、1回スクワットをしましょう。そうすることで、お尻周りの筋肉が鍛えられ、腰痛予防になります。

 

▼ポイント②~妊娠中の立ち方~

妊娠中特に気をつける事は、『立ち方・歩き方』です。

 立ち方は、つま足を60度に開き、かかとに体重を乗せて真っすぐに立ちます。

 こうすることで背骨を軸にしてバランスよくまっすぐ立てるようになり腰に負担がかかりません。

 

▼ポイント③~妊娠中の歩き方~

ポイント②の姿勢で、かかとが一直線上を進むように歩きます。

 重心がぶれなくなるので、からだに負担がかかりません。

 

 ・・いかがでしょうか。

 妊娠中、出産後の腰痛対策は、ホルモンのバランスもありますが、適度な運動と姿勢がとっても大切なのです。

特にひどい人は、時間がかかる場合がありますが、お気軽にご相談ください。

 

産後骨盤矯正の詳細はこちら

↓↓

http://tomomi-seikotsu.com/after-childbirth/

 

 

出産後、腰痛にならないためには妊娠中のケアが必要です。

マタニティ整体の詳細はこちら

↓↓

http://tomomi-seikotsu.com/maternity